フィリピンの海が好きだ

社会人一年目の23歳女子。学生時代、大学を休学してフィリピンミンダナオ島の孤児院でボランティアスタッフを経験。帰国後、子ども達の事が忘れられず日本の児童養護施設に就職し、現在子ども達と賑やかに生活中。いつか世界一周がしたいと目論んでいる。

【孤児院ボランティア】フィリピン孤児院ハウスオブジョイ

2016年に筆者が大学を休学して長期で滞在していた、フィリピンミンダナオ島にある児童養護施設“HOUSE OF JOY(ハウスオブジョイ・歓びの家)”

 

日本から飛行機で約半日!日本→マニラ→ダバオ。

 

f:id:misatochang:20180717100606g:plain

 

日本人が経営をしており、日本人のビジター(遊びに来てくれる人)を大歓迎しています!

 

f:id:misatochang:20180717102159j:plain

 

こんな人におすすめ!

 子ども好き(これに限る!)

学生(時間のある学生の今、長期休みを使って行くしかない!)

家族連れ(フィリピンと日本の子どもたちが言葉の壁を越えて遊ぶ姿は感無量!)

社会人(休みが取れたらレッツゴー!ヤシの木や青い海に心癒されましょう)

エンターテイナー(子ども達に得意技を披露した日には、大人気間違いなし!)

旅人(世界一周中にフラっと立ち寄るの、超アリ!おススメ!)

初海外旅行(綺麗なリゾート地ももちろん良いけど、発展途上国の暮らしを体験すれば、あとは怖いものなし!笑)

 

 

 

まあ、子どもが好きな人なら全員におススメできるということですね(笑)

 

f:id:misatochang:20180717100828j:plain

 

私は大学を休学して半年ほど滞在しましたが、1週間でも良いし、足りないけど3日くらいだけの人もいます。1、2か月のんびり滞在しても良いし、これは自由です。

滞在が1か月以内ならビザは不要です^^

 

無邪気で元気いっぱいの子ども達が大歓迎してくれます♪

 

◆宿泊費:大人1300ペソ / 学生1000ペソ(1泊)※食費込

 空港までの送迎費:1500ペソ(片道料金、最大8人乗車可、片道約2時間)

 

※1ペソ=約2.4円くらい

 

 

児童養護施設(※家族と一緒に住むことが難しい子ども達が共同生活をする施設)のためホテルのような設備は無い(風呂は水浴び)ですが、現地の生活を生で体験することができます。日本では絶対にできない貴重な体験ばかり!

 

f:id:misatochang:20180505090403j:plain

 

◎ハウスオブジョイでできること

開発途上国に暮らす人々の生活を体験!

◎風になびくヤシの木の下、青い海で子ども達とはしゃぎまくる!

◎綺麗なサンゴ礁素潜りダイビング!

◎日本人の口に合う絶品フィリピン料理、南国フルーツ!

◎夜には満点の星空が広がり、天の川も見ることができます!

 

実際に訪れた人たちが揃って口にします。

「時間ってこんなにゆったり流れるものだっけ。あ~幸せ!」

 

心にゆとりと癒しを、子ども達の笑顔で生きるパワーを、発展途上国の暮らしを体験することによって、いかに日本での暮らしが豊かだったかを…

 

とりあえず、最高すぎるので、ぜひ来てください!!

 

 

f:id:misatochang:20180717101344j:plain

 

◆おススメの持ち物◆

・パスポート

・お金

・自分のお泊りセット(シャンプーや洗剤などは現地でも購入可能◎)

・水着(子ども達の手前、ラッシュガードやTシャツなどで、露出は控えめに。ビキニオンリ―はNG)

・日焼け止め(何もしないと、真っ黒になります笑)

・シュノーケルや足ひれ(持っている人は是非!)

・サンダル

・学校へ訪問予定の人は、フォーマルな服装(襟付きの服や長ズボン、靴など)

・サブバッグ(ちょっと出かける時に便利)

・帽子

・子ども達への簡単なお菓子のお土産など(あれば子ども喜びます)

・USBやSDカード滞在中に撮影してもらった画像や動画を入れてもらえます

・ポケットWi-Fi(インターネットを使いたい人は)

・ビサヤ語単語帳コピー(ハウスオブジョイのホームページにあります)

 

~女子~

・ナプキンは現地でも買えます

・タンポンがあると、生理になっても海に行けて便利!

 

デパートのようなお店は近くにないですが、市場や小さい商店があるので、そこへ出かけていろいろ購入してみるのも楽しい!事前に換金しておくと便利です。1000ペソなど、単位の大きいお金はお釣りが無くて使えないと言われることがあるので、細かく崩しておくと良いかもしれません。

 

今思いついたのはこんな所です!また思いつき次第追加していきますね。

 

行ってみたいな~!と思った方は、ハウスオブジョイのホームページ

ハウスオブジョイ | house of joy | フィリピンの児童養護施設

からメッセージを送ってください^^

 

f:id:misatochang:20180717101810j:plain

 

歌とダンスと笑顔の常夏、フィリピンで、リゾート地とは一味違った素晴らしい本物フィリピン体験を!